オリジナル・テクニック

アトリエのテクニックのご紹介です。


一昨日、アップした オルゴール付きの 「ドーム型の箱」 ですが、

ドーム型Ⅱ


通常、このタイプの 「ふた」 の布処理は、
左右のふた側面の布を貼ってから、
上部は、別のもう一枚の布で処理をしますが

ふた

当アトリエでは、一枚の布だけで、「ふた」 全部を仕上げています。

布は、「本体」 と 「ふた」、2パーツだけです。
柄合わせもして、とても綺麗に仕上げます。


後側は、

巻き込み

布の巻き込みの部分も、
布の厚みによる段差が出ない処理をしています。


トワル・ド・ジュイ柄の生地や、カーテン用の生地は、
とても厚みがあります。

厚めの生地は、布の巻き込み部分に、布の厚みが原因の段差がでますが、
レッスンでは、段差を出さないオリジナルのテクニックを用いています。

上から・・・

ふた2

この布 「JUSTIN」 も厚手ですが、
上から見ても手で触ってみても、まったく段差がなく、とても綺麗です。

当アトリエ・オリジナル、上級レベルのテクニックです。


ドーム型Ⅰ



スポンサーサイト

ホームページはこちらをご覧ください→http://ateliertoiledejouy.web.fc2.com/

ポチっと応援クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村