ヴェルサイユの街

≪フランス紀行No. 12≫

ヴェルサイユは、思い出の街。

お世話になった先生やお友達が住んでいて、
フランス額装やカルトナージュの材料屋さんもあり、
カルトナージュのレッスンなど、月に一度は来ていました。

ジュイの生地にぴったりの美しい真鍮の金具を制作している
アトリエもあります。

夜のヴェルサイユ。 
先に見える教会の近くまで、遠い道のりをよく歩きました・・・。  

街中

ヴェルサイユの住宅街

ベルサイユ


オッシュ通りの少し先にある 「 ノートル・ダム教会 」。
王家の教会だったそうです。

教会

ここの椅子に座ると、心が透明になります。

教会の中

材料屋さんの帰り道に、よく立ち寄りました。

必見なのが、ステンドグラス。

ステンドグラス

こんなに素晴らしいのに、観光客の人にはあまり知られていないようです。

ステンドグラス


ベルサイユ
 
この先が、宮殿のお庭の入り口。 
初夏の週末には、よく散策に来ました。


途中には、素敵な館が連なります・・・。

貴族の館


そこにあるホテル 「 トリアノン・パレス 」。

トリアノン・パレス

ここは、歴史的にも由緒のあるホテルで、多くの著名人が滞在しています。
フランスでサミットが開催された時に、各国の首相の宿舎にもなったそうです。

横を通る度、一度は訪れたいと思っていたのですが、
敷居が高い気がして・・・
でも、なかなかチャンスはないし。思いきって予約をしました。

ところが敷居が高いなどと、そんな心配は全く不要でした。
ホテルの方々皆さんとても親切で、雰囲気が良く、
スタッフの方の中には、日本が大好きで日本語を勉強しているという方もいました。

特に、コンセルジュのアランさんには、とても良くして頂いて、
格式高いホルテですが、とても心地よく滞在ができました。
流石に、素晴らしいホテルでした。

ロビー

窓から

レストラン

レストラン

朝食は、ボリュームたっぷり。

朝食

日本の人が滞在する時には、和食も用意してくれていたことが分かり、
この後、ご飯とお味噌汁も頂いてしまいました。

朝なのに、食べ過ぎ !


柵の向こうは、ヴェルサイユ宮殿のお庭。
並木道の先は、グランド・トリアノンです。

にわ




スポンサーサイト

ホームページはこちらをご覧ください→http://ateliertoiledejouy.web.fc2.com/

ポチっと応援クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村