トワル・ド・ジュイの美術館

≪フランス紀行 No.11≫

シャブリを後にし、この日の午後はブルゴーニュの 「ヴォーヌ・ロマネ」 に
行く予定でしたが、お昼過ぎから土砂降りの雨・・・。

ブルゴーニュは諦め、最後に宿泊するヴェルサイユに向かうことにしました。

シャブリから高速道路 A6 をパリ方面に向い
パリの手前で A86 に入り、ヴェルサイユで降りる予定でした。

ところが、途中からカーナビが下道へ誘導。
知らない道をずっと行くことになってしまいました。

嵐のような雨の中、仕方なくカーナビを信じて従うことに・・・・

すると、どこかで見覚えのある景色。
そして見覚えのある文字が。  
「 Jouy en Josas 」 

私のアトリエの名前でもある 「 トワル・ド・ジュイ 」の町 !
フランス居住中、何度も訪れた思い出の地です。

帰国後も懐かしく、スタッフの方に会いも行きましたが、
今回のフランスでは、日程的に難しく、
訪れる予定はありませんでした。

でも気が付けば、「 トワル・ド・ジュイの美術館 」の前。

そして突然、雨が止んで太陽が出てきて・・・。
まるで何かに導かれたかのようでした。   その時の写真です。

美術館

この日は月曜日で美術館は休館日。 翌日の夜には帰国。
予定が無かったのに、神様が連れてきてくれたなら、本当に嬉しい !!

でも何か、とても気になって、
パリを発つ前にもう一度、美術館に行きたい・・・。

翌日、ヴェルサイユでランチをする約束していた
マダム・ハダにお願いして、
またジュイの町へ訪れることにました。

朝一番で美術館に連絡を取り、
学芸員のカミーユ・ドブロワーズさんとお会いすることができました。

カミーユさんは、 私のアトリエの名前に
「 トワル・ド・ジュイ 」 を使用させて頂くことについて、
了解を下さった方です。


美術館のカフェでお茶を頂いてきました。
カップも トワル・ド・ジュイ 柄。

カップ

「 トワル・ド・ジュイ 」 の名前をお借りして
アトリエをさせて頂いていることに、いつも感謝をしています。


近くにあるジュイの生地の専門店。

店1

店内には、ジュイの布で作られた小物がたくさん。

店


np3

ジュイの名前に恥じないアトリエと
その柄の布を使って良い作品をたくさん作ろうと、いつも心掛けています。

「 Jouy en Josas 」
この町とは、ずっと縁が続きます。

心から感謝を込めて・・・・




スポンサーサイト

ホームページはこちらをご覧ください→http://ateliertoiledejouy.web.fc2.com/

ポチっと応援クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村