アニー先生

≪パリ紀行 No.10≫

もう一人、とても大切な恩師のアトリエに向かいます。
アニー先生です。

「パッサージュ・パノラマ」

passage panorama


この「パッサージュ」は、パりで一番古く、歴史的建造物として保護されています。
様々な歴史があり、パッサージュの入口には、それを示す標識が・・・

passage panorama 2

「パッサージュ」とは、日本でいう商店街のアーケードの様なもの

屋根が付いているので、雨が降ってもお買い物ができるので、
昔は、とても画期的で、パリのご婦人方にとても人気のあった場所でした。

今も、昔の雰囲気が残り、すてきな場所。

passage panirama 3


誰もが美味しいと評判の「ビストロ」 もあり、

passge panorama 3


そして、ここに素敵なブテックがあります。
アニー先生の 「アトリエ」 です。

annie no atelier


久しぶりに、アニー先生との再会。

ドアの向こうから、私の顔を見たとたん、
笑顔とともにドアを開けて、抱きしめて喜んでくださいました。

話したいことがいっぱい。
興奮のあまり、フランス語が間違ってもお構いなしに、
とにかく、早口でしゃべりまくってしまいました。

私が日本で、カルトナージュの教室をしていることを
とても喜んで、応援してくれています。
アニー先生からもいっぱい励ましを頂きました。

アニー先生のアトリエは、以前「ブーローニュ」、そして「マレ」にありました。
現在は、この「パッサージュ・パノラマ」にあります。

私は、レッスンを受けていた「マレ」のアトリエは、
壁一面に沢山のフランス額装の作品が飾られ、
地下に続くレンガの階段には、ヨーロッパで人気のキャラクター
「Tintin (タンタン) シリーズ」の額がたくさん飾られて、
それはそれは素晴らしく、まるで小さな美術館のようでした。
レッスン中、私はよく壁ばかり眺めていました・・・

沢山の友人達もアニー先生にお世話になりました。

日本に帰った今も、その当時の友人達と、時々再会してお茶をしながらパリのお話をしたり、
カルトナージュやフランス額装を一緒に制作したりしています。

アニー先生は、私と同じ 「クマさん」 好き。
最近は、テディ・ベアー制作のレッスンもされていらっしゃいます。

日本語のホームページができてからは、
日本からレッスンに来る人も多いそうです。
ほとんどの方が、フランス語が分からないので、
先生の方が、日本語の単語をお勉強されていらっしゃいます。
カトリーヌ先生と同様、とても親切な先生です。

海外で何かを学ぶ時、耳から入る情報がとても大切なので、
フランス語が聞き取れ質問が出来ないとなかなか大切な事の修得は、出来ません。
それに気づき、私も当時の友人達も、フランス語を頑張っていました。

アニー先生とのプライベート写真は、限定記事で、どうぞ・・・

パスワードは、コンタクトのページからご案内致します。





スポンサーサイト

ホームページはこちらをご覧ください→http://ateliertoiledejouy.web.fc2.com/

ポチっと応援クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村