お茶箱風「オットマン」

最近、お教室で話題になっている「お茶箱」。

パイザー真澄先生が主宰されている
「インテリア茶箱クラブ」の素敵な「お茶箱」です。

最近、本も出版され、私の生徒さん方にも、とても人気があります。
以前、私もその素敵なお茶箱のレッスンに参加させて頂きました。

パイザー真澄先生は、とっても気さくな方で、
その気取りのないお人柄と雰囲気に、とっても魅かれました~。
レッスンでは、何人ものアシスタントの先生方が
それぞれの生徒さんに付いて下さり、
丁寧にご指導して下さったことを覚えています。

生徒にとって個別の指導は、とっても有り難いものです。

カルトナージュのレッスンを始め、私も教える立場になり、
私のレッスンでも、手の動きをお見せながら個別指導をしています。

その時のパイザー先生の「お茶箱の作品」が、こちらです。
一日で完成できました。

chiyabako


私の作品の中にも、お茶箱風の「オットマン」があります。

素敵なお茶箱を参考にさせて頂き、カルトナージュの箱でスツールを
作ってみました。
似ていますが、お茶箱の技法とは全く違い、
全てカルトンを使用して、カルトナージュのテクニックで作った作品です。

おっとまん

強度が強くする為、3ミリの厚いカルトンを使用し
ニ重箱にしています。とても丈夫です。

ふたの上部は、昔、フランスで「椅子の張替え教室」で習った
テクニックを応用しました。 
しっかりと頑丈で、上部のふんわりとした部分は、
「スツール」として座っても、凹んだりしません。

持ち手の金具は、アトリエで使用している上質な真鍮ですが、
実は、布はハギレのセールで購入したものです。(笑)
ポリスエテル100%。

おっとまん 中

お好みの大きさで、
リビングやベットルームなどで「オットマン」や「スツール」として。

カーテンやクッションとお揃いの布で作ると、とっても素敵です。


お茶箱にご興味のある方は、
東京・旗の台 「インテリア茶箱クラブ」のレッスンが、とってもお薦めです~。


スポンサーサイト

ホームページはこちらをご覧ください→http://ateliertoiledejouy.web.fc2.com/

ポチっと応援クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村